NLP入門メール配信

5日でわかるNLP超入門

メールアドレス※(例)nihon@example.co.jp
お名前 ※


第1話をちら見

【5日でわかるNLP超入門 1日目】

1972年、北米 サンタクルズ
言語学助教授と学生の2人が発端となりNLPが生まれた
ホプキンス(言語学助教授)
「おいっ、ピカード(学生)くん、きみは、どんなことに興味あるの?」

ピカード
「うーん、そうですねぇ。甘い物と心理療法・・・ですかね。」

ホプキンス「心理療法か。じゃぁ、心理療法家として最高峰の3人をあげるとしたら?」

ピカード「そりゃぁ、フリッツ、ヴァージニア、ミルトン、それから、サンタクルズのソフトクリーム屋さんでしょ」

ホプキンス「甘い物は関係あるのか。。。」

ピカード「いや、まじで、おいしいんですって」

ホプキンス「じゃぁ、その最高峰の心理療法家を、ちょっと調べてきてよ。どんなことやってるか」

ピカード「いいですよ。まずは、じゃぁ、ソフトクリーム屋さんから」

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

ピカード「ホプキンス助教授、行ってきたよ」

ホプキンス「で、どうだった?」

ピカード「そりゃぁ、もう、美味しかったよ」

ホプキンス「だから、ソフトクリームから離れなさい」




NLP入門メール講座 効能編

NLP入門メール講座 効能編(例)nihon@example.co.jp
お名前 ※

第1話をちら見

【5日でわかるNLP超入門 効能編 1日目】

ホプキンス「お久しぶりです、ピカードくん」

ピカード「そうだね」

ホプキンス「NLPって、結局、なんなんだろうね?」

ピカード「ホプキンス助教授は、そういう小難しい質問が好きだよね。まぁ、いいけどね。そういうところも可愛く思えてきたし」

ホプキンス「・・・」

ピカード「NLPね。あなたがその名前つけたんでしょ!?」

ホプキンス「まぁ、我ながら、わかりづらい名前を付けてしまった。。。」

ピカード「そんな話はいいんだけど。NLPは、『脳の説明書』って習ったことがあるよ」

ホプキンス「習ったってどういうこと?」

ピカード「NLPが流行って、お金持ちになっちゃったからさぁ、ちょっと、ほかのNLPセミナーに潜り込むのが個人的な流行りなのさ」

ホプキンス「『流行りなのさ』って・・・前にもまして軽いね」

ピカード「でさ。パソコンにたとえると、NLPは、WindowsとかMacOSといったOSにあたるらしい」

ホプキンス「ふーん。わかるようなわからないような・・・」

ピカード「でも、まぁ、僕らが育てたNLPトレーナーたちが言うんだからしょうがないんじゃない」